離婚とお金

財産分与で失敗しない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚の際に「財産分与」という言葉を聞くけれど、そもそも「財産分与」ってなんですか?

うちには「財産」と呼べるようなものは何もないのですが?

では、「財産分与」とはなにか?ということからまずは話を始めましょう。

財産分与の意味するところ

「財産分与」とは、手っ取り早く言うと、婚姻中に築いた共有の財産を、離婚に際してすっきり分配することです。

対象となるのは基本的に夫婦が所有していた実質上の共同の財産、ということになります。たとえ、どちらか一方の名義であっても、実際の支出が一方の収入からであったとしても、夫婦の共有物とみなされます。

たとえば夫が主に働いて収入を得ている家庭で車を買ったとします。支払いは夫の稼いだ給料からされるでしょうが、買った車は夫婦共有の持ち物、ということになります。たとえ名義が夫であっても、です。

こんなふうに婚姻生活中に二人で築いた財産を、離婚の際には分配してきれいに清算することになります。

清算的財産分与

一般に「財産分与」というと上に記したように、婚姻中に築いた財産の分配という清算的な意味合いが強いです。

扶養的財産分与

離婚して、生活が不安定になる可能性がある配偶者に対して、その暮らしの維持を図るために行われる「財産分与」というものもあります。

例えば専業主婦で、夫が一方的に離婚を言い出し、それを受け入れざるを得なかったといったようなケースでは、妻の離婚後の生活の安定を保障するために通常の財産分与よりも上乗せする形で分配することも可能です。(こんなケースでは、妻は財産分与を上乗せして請求することもできるわけです。)

そのほかの財産分与

慰謝料の意味合いを含んだ財産分与というものもあります。

この場合、財産分与の中に慰謝料も含めていますので、別途慰謝料を請求することはできません。

財産分与の対象となるものならない物

財産分与の対象となるものは、婚姻中に夫婦二人で築いた財産です。次のものは、財産分与の対象ににはなりません。

財産分与対象外

1.固有財産

  • 独身のときに蓄えた金銭や独身時代に購入したもの
  • 嫁入り道具
  • 相続や贈与などで得た財産
  • 上記のものから得られた収益
    例えば、相続した不動産から得た賃貸料など

2.日常的に各自が使うもの

対象となるもの

  • 現金、預貯金
  • 保険
  • 不動産
  • 株、国債などの有価証券
  • 家財道具、家電製品
  • 美術品、骨董品
  • 自動車
  • ローン(住宅ローンなど)

どんな風に分けたらいい?

分配の割合は基本的には半分ずつ

厳密には「寄与度」ということを考慮する必要がありますが、たとえば専業主婦なのに、家事もろくにせずに遊び暮らしていたなど、極端な場合でもない限り、あまり考えることも無いでしょう。

財産分与の手順

リストを作る

どんな財産があるのかを把握することがまず必要です。

そもそも分与すべき財産があるのか、あるとしたら何がどれだけあるのか、わからないままでは話が進みません。

そしてこれは、相手主導にしないこと。必ず自分自身で調べるようにしましょう。

また、分与するのはプラスの財産だけでなく、マイナスの財産(ローンなど)も対象であることをお忘れなく。
特に住宅ローンが残っている場合、不動産の分与には注意が必要です。

そして、共有財産がわかったら、一覧にしておくことをオススメします。

分与の対象額を出す

金銭以外はお金に換算して計算します。

基本的に

共有財産(プラスの財産)-債務(住宅ローンなど)=財産分与の対象額

この計算式で出た対象額を2等分したものが、財産分与の額、ということになります。

ただし、これはあくまでも基本的な考え方。

現実問題として、すべてのものを金銭に換算するというのは難しい部分があります。

保険や有価証券など、金銭に換算できるものは換金して2等分。それ以外のものは不公平にならないように分ける、というのが一般的でしょう。

ほしいものの優先順位を決める

例えば、不動産があった場合、その不動産(家)をほしいのか、現金でほしいのか、そのあたりを明確にしておく必要があります。

まとめ

財産分与で失敗しないためには、まず、どんな共有財産があるのか、預貯金ならいくらあるのか、ローンはどのくらい残っているのか、など、財産の全貌を把握すること。

相手に隠し財産をされないためにも、必ず自分で調べ上げること。

そして、自分は何がほしいのか、優先順位をはっきりさせておくことが大切です。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料レポートダウンロード

無料レポート
「協議離婚を有利に進めるための12の秘策」
プレゼント!!

 

離婚協議で気を付けたいこと、心がけておきたいことをレポートにまとめました。ご活用ください!!

ダウンロードはこちらから

アクセス

行政書士きはらなおみ事務所

住所
〒920-0955
石川県金沢市土清水-335
パルハウス103号

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 6:00 PM

電話076-255-2822


メールinfo@gyosei-kihara.com

コメントを残す

*