離婚協議の最後に

離婚後の姓、考えていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清楚な玄関

日本では現在夫婦別姓は認められていないので、婚姻したら夫か妻どちらかの姓を名乗ることになります。

(一時、夫婦別姓についての議論が盛んに行われましたが、いつの間にか立ち消えになってしまいましたね。)

男性が女性の家の養子にでもならない限り、普通は夫の姓を名乗ることと思います。

婚姻中はそれでいいですが、さて、離婚したらどうなるのでしょうか・・・。

 

旧姓に戻ります

民法では、婚姻によって姓を改めた者は旧姓にもどることが規定されています。(民法第767条)

そして、そういう方が大半だと思います。

この場合は離婚届の「婚姻前の氏にもどる者の本籍」欄に本籍を記載することになります。
このとき、もとの戸籍(婚姻前の戸籍、つまり自分の親の戸籍)にもどるのか、自分を戸籍の筆頭者にして新たに戸籍を作るのかを選択します。

これで離婚届を出すことで、あなたは旧姓に戻ることになります。

 

婚姻時の姓を名乗っていたいのですが、できますか?

  • 仕事で婚姻中の姓で通っているので、旧姓に変えるのは不都合が生じる
  • 一緒に暮らす子供と姓が違うのは何かと不便。
  • 姓を変えることでいろいろな手続きが煩わしい
  • 旧姓が変わった姓なので、婚姻中の姓のままでいたい
  • 離婚したと周りに知られたくない

などなど、婚姻中の姓のままで離婚後も過ごしたいという人も中に入ることと思います。

子どもの姓に関しては、別項目を立ててお話ししたいと思います。(子どもの氏を変更することももちろん可能です。)

ここでは婚姻中の姓を名乗る方法をお話しします。

 

民法の基本は離婚したら旧姓にもどることですが、第767条2項には、婚姻中の姓を名乗り続けるための規定を設けています。

前項(注:767条1項)の規定により婚姻前の氏に復した夫又は妻は、離婚の日から三箇月以内に戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、離婚の際に称していた氏を称することができる。

 

つまり、離婚届を出した日から3カ月以内に届け出ることによって、婚姻中の姓を名乗り続けることができるようになります

その届が「婚姻の際に称していた氏を称する届」です。市区町村役場で用紙をもらい、届け出をします。

離婚届を出すときに、すでに婚姻中の姓を名乗ることを決めているのであれば、離婚届を提出するときに届け出用紙を窓口でもらって提出するのが二度手間になりません。

その際、離婚届の「婚姻前の氏にもどる者の本籍」欄は空白にしておきます。

どちらの姓を名乗るか決めかねている、というのであれば、後日、ということになります。

3カ月以内に届け出ることになっていますので、期日を忘れてしまわないように。

 

3カ月以上たってしまって、やはり姓を変えたいのですが・・・

その場合は家庭裁判所に「氏変更許可の申し立て」を行います。

申し立てをしたからといってすべて認めてもらえるとは限りません。姓を変更することは社会的にも影響が大きいので、裁判所は厳しい姿勢を取っているようです。「やむを得ない事由」があるときに限って変更を認めます。

「やむを得ない事由」とは、姓を変更しないとその人の社会生活において著しい支障を来す場合をいうとされています。

氏の変更許可」(裁判所HP)

 

やむを得ない事由?

「やむを得ない事由」というのはとても抽象的です。例えば次のような場合は、裁判において離婚後の改正を認めてもらえました。

 

事案

離婚後、元夫の姓を名乗っていた女性が、実家で暮らしていた。実家では他の家族と姓が違ううえ、近所に元夫と同姓の家があったため、紛らわしいということで、離婚後11年たったときに、離婚前の氏(旧姓)への変更を申し立てた。

判決

離婚後に、離婚時の姓を継続して使用していたために、日常生活上の不便・不自由があることは、氏の変更の「やむを得ない事由」に該当するとして、変更を認めた。

 

その姓を使うことで、日常生活に支障が出ているという事情があれば、姓の変更は認めてもらえる可能性もありますが、先にも書いた通り、全部が全部認めてもらえるわけではありません。

また、「氏変更許可の申し立て」を出すと、変更するにあたっての事情を聴きとるために裁判所から呼び出されることもあるようです。

期限を過ぎてしまうと、そういったわずらわしさも出てきます。

 

「3カ月」という熟慮期間があるのですから、それを有効に使って考えていただきたいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料レポートダウンロード

無料レポート
「協議離婚を有利に進めるための12の秘策」
プレゼント!!

 

離婚協議で気を付けたいこと、心がけておきたいことをレポートにまとめました。ご活用ください!!

ダウンロードはこちらから

アクセス

行政書士きはらなおみ事務所

住所
〒920-0955
石川県金沢市土清水-335
パルハウス103号

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 6:00 PM

電話076-255-2822


メールinfo@gyosei-kihara.com

コメントを残す

*