離婚協議の最後に

【離婚】公正証書を作ることの3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
公正証書をつくる

離婚協議が終わったら、「離婚協議書」を作って、約束事を書面にすることが必要です。

さらにその書面に法律的な効力を持たせたいと思ったら、「公正証書」にすることです。

「公正証書」言葉は聞くけど、どんなもの?

「公正証書」とは、公証人が作成する文書のこと。「公証人」というのは、裁判官や検察官、弁護士など、実務を経験したことのある法律の専門家の中から、法務大臣によって任命された公務員です。

つまり、「公正証書」というのは、法務大臣によって任命された法律の専門家によって作られる、法的な力を持った文書のことをいいます。

どこで作ってもらえるの?

「公正証書」は、全国にある「公証役場(公証人役場)」で作ってもらうことができます。

各地の公証役場はこちら→全国公証役場所在地一覧

離婚協議書を公正証書にするメリット

法律の専門家によって作られる、法的な力を持った文書・・・それだけで、力のある文書ということは伝わってきますが、これを作ることで具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

1.裁判を経由せずに強制執行ができる

「公正証書」を作成する一番で最大のメリットは「裁判をせずに強制執行ができる」ということでしょう。

強制執行とは、金銭などの支払いがなされない場合、強制的に債務者の財産を差し押さえるなどして、強制的に支払いを促す制度です。

たとえば養育費の支払いが滞った場合、「公正証書」は力を発揮します。

借りたものを返さない方が悪いのですが、だからといって個人が勝手に相手の財産を差し押さえて貸したものを返してもらうということは、禁止されています(自力救済の禁止)。強制執行するには、それなりの手続きが必要です。

金銭債権の場合、強制執行するには裁判所の許可があってはじめて執行できるものなのです。ですから、たとえば書面を作らずに養育費の約束だけはした、ところが支払いが滞っている、約束した額の養育費を請求したい!といったとき、養育費を請求するには、まず裁判の手続きをしなければなりません。そして裁判所の許可を取り付けたうえで強制執行の手続きにはいることになります。

ところが、「公正証書」にしておくことで、裁判の手続きをすることなく、強制執行の手続きにはいることができるのです。調停調書にもこれと同じ効力(力)がありますが、協議離婚で同様の効力を持たせようとするならば、「公正証書」を作る以外に方法はありません。

公正証書ない場合  養育費の請求をしたい→裁判強制執行

公正証書ある場合  養育費を請求したい→強制執行

とくに離婚の場合、養育費、慰謝料、財産分与といった金銭関係の取り決めは、必ずなされます。単なる「離婚協議書」を作るだけでも、証拠としては十分作用します。「公正証書」にすることでいざというときの安心度は格段に違ってきます。

2.相手にとってプレッシャーとなる

公正証書は公証役場という公的機関に出向いて、第三者である法律の専門家に作成してもらうわけですから、支払いを約束した者にとってはかなりのプレッシャーになるはずです。

結婚式のとき神前で「ともに白髪になるまで」と約束したことに比べて、はるかに大きなプレッシャーとなるでしょう(すでに神前での約束は反故になっているわけですし)。

公正証書を作ると、その正本、謄本が当人に渡され、原本は公証役場が保管します。なので、たとえパートナーが、公正証書の謄本をなくしたから、そんな約束は知らない、ということを言ってきたとしても、そのような言い訳は通用しなくなります。

3.安心感が違う

以上みてきたことと重なることですが、

  • 法律の専門家が作ってくれる
  • 原本が第三者機関に保管されている

ということで、単に離婚協議書だけにしておくよりは格段に安心感が違います。

もちろん、「離婚協議書」などの文書にすることで、後々の証拠とはなります。けれど、万が一それをもとに、たとえば養育費の請求をしようと思ったとき、裁判の手続きをして、それから強制執行の手続きをして・・・手間も時間もかかります。

強制執行の手続き自体が容易になるわけではありませんが、公正証書にすることで手間と時間を省くことができます。

まとめ

話し合ったことを離婚協議書という文面におこし、さらに公正証書を作るためには、少しだけ手間がかかります。

ですが、その手間を惜しんだために、将来もっと大きな手間と不安が生じてきてしまうとしたら、あなたはその手間を惜しみますか?

 

離婚公正証書についてのご相談は、当事務所まで ↓

076-255-2822

お問合せ
(メールフォームが開きます)

行政書士きはらなおみ事務所

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料レポートダウンロード

無料レポート
「協議離婚を有利に進めるための12の秘策」
プレゼント!!

 

離婚協議で気を付けたいこと、心がけておきたいことをレポートにまとめました。ご活用ください!!

ダウンロードはこちらから

アクセス

行政書士きはらなおみ事務所

住所
〒920-0955
石川県金沢市土清水-335
パルハウス103号

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 6:00 PM

電話076-255-2822


メールinfo@gyosei-kihara.com

コメント

コメントを残す

*