面会交流

「面会交流」って、なんだか面倒じゃないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手をつなぐ

そもそも面会交流ってなんですか?

「面会交流」とは離婚して子どもと別居している親が子どもと会う機会(実際に会うだけでなく、メールや電話といった交流も含む)を持ち、子どもと交流することを言います。

かつては「面接交渉」と呼ばれていました。

2011年の民法の改正によって、面会交流が明文化されました。

民法には、次のようにうたわれています。

父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父または母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。(民法第766条)

協議が調わない場合は、家庭裁判所が定めることになります。

 

面会交流に対する印象

さて、この面会交流ですが、どんな印象を持つでしょうか。

  • 別れたパートナーに子供を会わせるなんて、面倒くさい
  • 養育費をもらうことになったので、面会交流はせざるを得ない
  • 別れたパートナーになんか絶対に子供を会わせたくない

などなど、あまり気乗りしないという人が大半ではないでしょうか。

 

確かに実際問題として、相手がイヤで離婚したのに、別れた後にまで子供を介してとはいえ、元パートナーとつながりを持たなくてはならないというのは心理的に重いものがあるでしょう。

もしかしたら、マイナスのイメージしか抱かないかもしれません。

民法が面倒なことを定めたおかげで、離婚後も気が重い・・・

そんな思いを持っているかもしれません。

ではなぜ、明文化するほど「面会交流」が言われるようになったのでしょう。

 

理由は一つ

理由は簡単です。

 

それが子どものためにいいことだから

 

「でも、うちの子はパパ(ママ)を嫌っていますよ?」

「嫌がる子に無理やり面会させるのが子どものためなんですか?」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、それでは質問です。

「それは子供の本心の気持ちですか?

ほんとにほんとに、本当に、子どもはパパ(ママ)を嫌っているのですか?」

子どもの声が、親の声の代弁なのではないか?ということです。

 

子どもにとって一番身近なオトナは親です。

「親の背を見て子は育つ」といいますが、子どもは親をちゃんと見ています。

小さいからと見くびらないこと。

 

そして、やはり両親がそろっているというのが望ましいです。

ヒトが単為生殖(有性生殖する雌が単独で子を作ること)で、片親しかいないというメカニズムであるならば、また話は違ってきますが、そうではありません。

もちろん片親だから、まっとうに成長しないということではないですが、二親がそろっているというのが自然です。

その自然の状態を、子にしてみれば、親の一方的な都合で壊されてしまうわけです。

自然界でも、自然破壊が進んだことの反省として、それを修復するべくさまざまな取り組みがなされています。

それは親子でも同じこと。親の都合で壊れかけている親子の状態をできる限り自然な状態にもっていくのが面会交流の意義だと考えます。

子どもの成長は親の責任です。別れたからかかわらなくていいというのは理由になりません。

子が自分自身の目で親の姿を見、自分の親はこういう人間であるということを言葉で表現できなくても感じ取り、理解すること。

両親は別れて暮らしているけれど、自分は両親から愛されているという実感が持てること。

人が成長する過程で、こうしたことはとても重要な要素です。

 

離婚を考えているときには、自分のことにいっぱいいっぱいで、そこまで考えが至らないこともあります。

でもあえて、考えていただきたい。

面会交流は「やらなければならない」義務的なものでもないし、養育費をもらうための担保でもありません。

子どものために。子どもの笑顔のために。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセス

行政書士きはらなおみ事務所

住所
〒920-0955
石川県金沢市土清水-335
パルハウス103号

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 6:00 PM

電話076-255-2822


メールinfo@gyosei-kihara.com

コメントを残す

*