将来の安心をひと押し 離婚協議書作成をサポートします

せっかく話し合って決めた内容です。離婚後に不安を残さないためにも、協議で取り決めた事柄をきちんと文書に残しておきましょう。
ネットで検索したひな形を使って、ご夫婦で作ることも可能ですが、書き方によっては取り決めたはずのことが、相手には違う内容で受け取られてしまうなど、トラブルも発生しがちです。

協議書作成は専門家に任せるのが一番。費用はかかりますが、将来の安心を考えたら、どちらがお得か、賢明なあなたなら、お分かりですよね。

サポート

≪おすすめ≫離婚公正証書パワーサポート(子供あり)

離婚公正証書を作成するサービスです。
お子様がいらっしゃる方はこちらをご利用ください。
配偶者様と話し合われた内容を公正証書にまとめます。
公正証書にすることで、万が一養育費等の金銭の支払いが滞った場合でも、裁判の手続きを経ることなく強制執行することが可能になります。

お客様からヒアリングした事柄に基づき、公正証書の起案をします。
起案した内容をメール、または郵送でお送りしますので、必ず配偶者様にも内容を確認していただいてください。

公証役場との交渉(公正証書作成依頼、日程の調整など)も当事務所で行います。
公証役場とのお約束の日、公証役場へ配偶者様とお出でいただき、公正証書を作成してもらいます。
当方で公証役場での立ち合い、代理等もお引き受け可能です。

なお、公証役場への手数料(おおむね5,000円~30,000円。証書に記載する金銭の額により変わってきます。)は別途必要です。

離婚公正証書レギュラーサポート(子供なし)

離婚公正証書を作成するサービスです。お子様がいらっしゃらない、または、成人に達しているので親権等の取り決めが必要ない方向けのサポートです。

サポートの内容は上記パワーサポートと同様です。

離婚協議書シンプルサポート

「離婚協議書」を作成するサービスです。
公正証書ほどの効力はありませんが、取り決めたことをきちんと文書に残したいという方はこちらをお選びください。

お客様からヒアリングした内容を、協議書にまとめます。

配偶者様にもご確認頂き、納得のいくまで加筆、修正いたします。

料金

料金(報酬) 備考
離婚公正証書
パワーサポート(子供有)
68,000円(税別) 面談、メール、電話、手紙による相談に制限はありません。
協議書の加筆修正はお客様の納得のいくまで何度でも行います。公証人役場の手数料は別途必要
離婚公正証書
レギュラーサポート(子供無)
58,000円
(税別)
離婚協議書
シンプルサポート
38,000円(税別) 面談、メール、電話、手紙による相談に制限はありません。納得のいくまで原案を加筆修正いたします。

※メールサポートなどのサービスをご利用になり、3か月以内に本サポートへのご利用に切り替えたい場合、メールサポート等でいただいた料金は本サポート料金より差し引かせていただきます。

例)メールサポート1か月利用後、離婚公正証書作成サポートに申し込みたい。
→離婚公正証書パワーサポート¥68,000-メールサポート¥4,500=¥63,500
→63,500円を新たにお支払いください。

お電話の方は☎076-255-2822

 

 

※いただいた個人情報は、当サポートのためにのみ利用し、厳重に管理いたします。
プライバシーポリシー」をご覧ください。
こちらもご覧ください→「特定商取引法に関する記述

当サポートに関するご質問、お問い合わせは
☎076-255-2822 またはこちらのメールフォームにてお願いします。
行政書士きはらなおみ事務所

協議離婚のトリセツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加