子どものこと

【離婚】子どもの姓、どうなりますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
苗字?

何もしないと子どもの戸籍は離婚前の戸籍のままです

離婚して、子供を引き取りました。自分は旧姓にもどったのですが、子どもの姓ってどうなりますか?

何もしないと子どもの姓って、元夫の姓のままですよね?自分と同じ姓に変更することはできますか?

結論から言えば、同じ姓にすることはできます。ただし、ちょっと手間がかかりますが。

(婚姻で姓を変えるのはほとんどが女性なので、ここでは婚姻中夫の戸籍に入り、夫の姓を名乗っていた女性が、離婚して子供を引き取った、という場合を想定して解説します。)

旧姓にもどった自分と同じ姓、戸籍にしたい

何も手続きをしないと子どもは元夫の戸籍に入ったまま、元夫の姓を名乗ることになります。もし、あなたが旧姓にもどった場合は、子どもと違う姓を名乗ることになります。

手続きがなんだか面倒だし、それでもかまわない、という場合は、そのままにしておいてかまいません。

でも、やはり、子どもといっしょに生活しているのに、姓が違うというのは周りの印象も気になるし、何よりも、別れた夫の姓なんて、名乗らせたくない!というのでしたら、面倒がらずに手続きをする必要があります。

1.新戸籍を作る

婚姻して夫の戸籍に入った女性は、離婚すると夫の戸籍から抜けることになります(除籍)。その際、自分の親の戸籍にもどるか、新たに戸籍を作るかしますが、子を自分と同じ戸籍にしたい場合はあなた自身を筆頭者にした新しい戸籍を作ります

2.家庭裁判所に子どもの氏の変更許可を申し立てる。

申し立ては、申立人(あなた)の住所地の家庭裁判所に行います。

手続きには、申立書、戸籍の全部事項証明書(戸籍謄本のこと。あなたと子供両方)、収入印紙などが必要です。

(詳細はこちら→裁判所HP「子の氏の変更許可」)

子どもが15歳未満の場合は、親が代わって氏の変更許可を申し立てますが、子が15歳以上の場合、子どもが自らこの申し立てをすることになります。
(実際の申し立ては親が代行することになっても、書類の「申立人」の氏名と印は子ども自身となります。)

3.許可審判書を持って入籍手続き

家庭裁判所から審判書をもらったら、それを持って、子の本籍地または届出人(あなた)の住所地の役場で入籍の手続きを行います。

婚姻中の姓を使い続けます

婚姻中の姓を使い続けるので、子どもとは同じ姓を名乗っています。その場合も届は必要ですか?

離婚して婚姻中の姓を使い続ける場合にも、夫の戸籍から除籍されます。あなたは新しい戸籍を作ることになります。

姓が一緒なので、外見上、違和感が生じることはないでしょうが、その場合も、子どもの戸籍は夫の戸籍に入ったまま。

それでも構わない、というのであれば、特に手続きの必要はありません。

やっぱり子供を自分の戸籍に入れたい、という場合には、上記「旧姓にもどった自分と同じ姓、戸籍にしたい」と同じ手続きをしなくてはなりません。

つまり、

1.家庭裁判所に氏変更許可を申し立てる

2.市町村役場で入籍届

という手順を踏むことになります。

「同じ姓なのに、変更許可が必要なんですか?」

そんな声が聞こえてきそうですが、必要です。
あなたと元夫は外見的には同じ「山田さん」ですが、離婚して別々の戸籍になったわけですから、違う「山田さん」です。
お隣の「山田さん」とは違うのと同じです。

戸籍を同じくするには、同一の「山田」姓になる必要があるので、子どもの氏の変更が必要なんです。

氏変更手続きで気を付けたいこと

親権者があなた自身である場合は問題なく、あなたの意思(時には子の意思も尊重して)で変更することができます。

気を付けたいのは、子どもが15歳未満で、元パートナーが親権者である場合。

その場合はあなたが勝手に子の氏の変更をすることはできません。
子の氏の変更は子の法定代理人(親権者)が行うことになりますから、あなたが監護者で、子の氏を変更したいという場合には、元パートナーに手続きをしてもらわなくてはなりません。

ですから、親権者を決める際、絶対に安易に決めないこと。後々のことも考えて親権者と監護者は分離させないことが肝要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料レポートダウンロード

無料レポート
「協議離婚を有利に進めるための12の秘策」
プレゼント!!

 

離婚協議で気を付けたいこと、心がけておきたいことをレポートにまとめました。ご活用ください!!

ダウンロードはこちらから

アクセス

行政書士きはらなおみ事務所

住所
〒920-0955
石川県金沢市土清水-335
パルハウス103号

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 6:00 PM

電話076-255-2822


メールinfo@gyosei-kihara.com

コメントを残す

*