離婚とお金

別居したので婚姻費用はもらえない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お金を眺める豚の貯金箱

そもそも婚姻費用って?

婚姻費用というのは、結婚生活を続けていくためにかかる費用のこと。

生活費がその主なものですが、子供がいれば子の養育費、医療費、娯楽費、交際費も含まれます。

結婚すると、夫婦の話し合いによって生活費をどうするかを決めるのが普通です。

妻が専業主婦なら夫が生活費を渡すことになるでしょうし、

共働きなら、それぞれで話し合って分担することになるでしょう。

円満な間は、普通に行われていた生活費のやり取りですが、

「離婚」ということになると、生活費を渡していた側にしてみれば、

「生活費は渡さない!」

という気持ちになるのも当然といえば当然。

また、離婚前提で妻が(あるいは夫が)家を出て別居生活を始めたなどという場合、

「別居しているので、生活費は請求できないのでは?」

という考えも起こってしまうかもしれません。

離婚を宣言したり、別居を始めたりしたら、婚姻費用は請求できないものなのでしょうか?

扶助義務

結論から言えば、

離婚を宣言したり、離婚前提で別居を始めたりした場合でも婚姻費用は請求できます。

民法では、夫婦は互いに協力し、扶助しなければならないと定められています。

離婚届を出すまでは、どんなにいがみ合っていようが夫婦であることに変わりありません。

ただし、円満だったころと同じくらいの費用を相手からもらうことは難しいかもしれません。

でも、請求する権利はあります。堂々と請求してしかるべきです。

破たんの原因は自分にある。それでも請求はできる?

夫婦生活に嫌気がさし、不倫して家を出ました。

パートをしていますが、婚姻費用はおもに夫が負担していました。

婚姻費用の請求はできるということですが、

有責者が請求するのは難しいですよね?

 

これも結論から言えば、請求できないことはありません。

ただし、相手は出し渋るでしょうし、調停などになったときには、

有責でない場合に比べて減額されるかもしれません。

それでも、請求することに問題はありません。

別居中の婚姻費用、どうしたら?

本来なら、別居の話が出たときに、婚姻費用の話を持ち出すのがタイミングとしてはベストです。

これから別居しようと考えているのであれば、婚姻費用の請求も念頭に入れておきましょう。

婚姻費用をもらえることを後になって知った、あるいはそんな話を切り出すこともできずに別居に踏み込んだ、ということのほうが、ケースとしては多いかもしれません。

別居中の婚姻費用は、請求しなければもらうことはできません。

まずは相手に婚姻費用の請求を伝えることから始めなくてはなりません。

請求した内容、相手の答えが後になってもわかるように、メールや手紙など、書面に残るものを利用したほうがいいでしょう。

電話は口約束だけで終わってしまう可能性もあります。(別居中の相手と電話で直接話すというのもあまり気持ちのいいものではありませんね)

メールや手紙で応じてもらえない場合、(あるいはいきなりでも構いませんが)内容証明郵便で送ると、普通の郵便などで送るよりも強い証拠となります。

それでも応じてもらえなければ、家庭裁判所の助けを借りることになるでしょう。

どのくらい請求できる?

夫婦によって収入、支出は違いますし、生活レベルも違います。

なので一概に「いくら」ということは言えません。

それまでの生活で、どのくらいの費用がかかってきたかを考えて、請求することになります。

ただし、先にも書いた通り、円満だったころと同じだけの額をもらえることは期待しないほうが良いかもしれません。

裁判所では、養育費の算定表とともに、婚姻費用の算定表も公開しています。これは調停や裁判(審判)となったときの目安となるものですが、参考までに。  婚姻費用算定表(裁判所)

また、日本弁護士連合会では、新しい算定表を作成しています。こちらも参考にしてください。婚姻費用算定表(日弁連)

 

過去の分の費用の請求

婚姻費用の請求は、過去の分にさかのぼって強制的に支払ってもらうことはできません。(相手がOKしてくれれば、問題はないですが。)
長期間、支払いがない場合、財産分与に組み入れて、婚姻費用の支払い分として請求することはできます。

 

 

婚姻費用の請求に関する内容証明について、ご相談を受け付けています。
お問合せはこちら⇒問い合わせ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセス

行政書士きはらなおみ事務所

住所
〒920-0955
石川県金沢市土清水-335
パルハウス103号

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 6:00 PM

電話076-255-2822


メールinfo@gyosei-kihara.com

コメント

  1. ヤマモト ミキ より:

    離婚届を出してしまうと婚姻費用はもらえないのですか?

    1. Naomi Kihara より:

      ヤマモト ミキ 様
      コメントありがとうございます。婚姻費用は結婚生活において必要な費用であり、離婚成立までの費用ということになります。
      婚姻費用は相手に請求したときから支払い義務が生じると考えられています。
      例えば別居後、数カ月たってから、別居時から現在までの数カ月分をさかのぼって請求することは難しいようです。
      離婚前に婚姻費用を請求していたのに、未払いのままであるといった場合は、請求も可能でしょうが、そうでない場合は、難しいと思います。
      相手が請求に応じてくれれば、支払ってもらうことはできますが。

コメントを残す

*